ピアッツァホテル 奈良 オフィシャルウェブサイト

ピアッツァホテル奈良

Cento

JAZZ BAR 『Cento』( ジャズバー 『チェント』)
スピーカーから流れ出る音楽やライブ感覚で楽しめる生演奏などが魅力的で、お酒を飲みながら大好きな音楽を楽しむジャスバー『チェント』。
音楽だけが楽しみでなく、美味しい料理に美味しいお酒、魅力的なピアッツァホテルのジャズバー。

ピアッツァホテル奈良のフェイスブックページ
ピアッツァホテル奈良のフェイスブックページ
ピアッツァホテル奈良のツイッター
ピアッツァホテル奈良のインスタグラム

Seating Chart

※クリックすると座席表をご覧いただけます。

ご案内

 

5月の営業時間

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 

⇒ 18:30~23:30 (L.O.23:00)
※日によって変更する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

■ ⇒ PRIVATE(休業)

 

演奏時間

18:30 開場 (OPEN)
19:30~20:00 1 Stage
20:30~21:00 2 Stage
21:30~22:00 3 Stage
23:00 ラストオーダー
23:30 閉場 (CLOSE)

 

※日によって変更する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

  • オープニング特別価格
    チャージ代:2,000円
  • ワンドリンク制(有料)


 

 お酒を飲みながら大好きな音楽を楽しむジャスバー『チェント』。

 最新のライブイベント情報をお知らせしています。

 

2018/5/27(日)
故郷想 ~心の復興まで~ Supported by 木挽BLUE
Vol.34 奈良

  • OPEN ⇒ 17:00
    START ⇒18:00~21:00
    CLOSE ⇒ 22:00
    (入替なし)


  • チケット: 前売:¥4,000 / 当日:¥4,500 (全席自由、整理番号付き)
  • チケット受付: 3月5日(月)10時~下記3か所にてチケット販売開始
    ■U-CONNECT http://www.uconnect-ticket.jp/artist/sato-chikuzen
    ■CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/evt/evtdtl.aspx?ecd=CNC32969
    ■店頭受付 TEL 0742-30-2100

  • 主催:ピアッツァホテル奈良/PIAZZA HOTEL NARA
    協賛:木挽BLUE
    制作企画:ユニバーサルミュージック&EMIアーティスツ合同会社
    協力:KM

  • 注意事項
    ※「U-CONNECT」でのお申込みには「U-CONNECT」への会員登録(無料)が必要となります。
    ※チケットの整理番号は、お申し込み順となります。(プレイガイドによる優先順位はありません)
    ※開場時間になりましたら、チケットの整理番号順にご入場いただきます。
    ※観覧人数により、一部立ち見になる場合がございます。
    ※全自由席となりますが、1度お席を決められてからの途中変更はご遠慮願います。

  • ホテルフロントでのチケット販売の注意事項
    ・受付日より10日以内にホテル3階フロントにてご購入ください。
    ・郵送をご希望される場合は別途お申し出ください。
    ※郵送の場合、手数料として400円がかかります。
    ※振込手数料はご負担いただいております。
    ※5月13日以降はキャンセル不可といたします。

  • お問い合せ:ジャズバー・Cento Tel. 0742-30-2100

《佐藤竹善プロフィール》
SING LIKE TALKING のボーカルとして'88年にデビュー。
'93年『Encounter』、'94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。現在まで13枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。その活動と平行して'95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。'07年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。2013年に25周年を迎えた SING LIKE TALKING の集大成となるオールタイムセレクションアルバム、『Anthology』を、7月には、佐藤竹善初のオールタイムセレクションアルバム、「3 STEPS & MORE」好セールスを記録。
2015年より、2018年の SING LIKE TALKING のデビュー30周年に向けたカウントアップ・スペシャルライブ企画がスタート。
第1弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜 」(2015)、
第2弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky ~シング・ライク・ホーンズ~ 」(2016) を行い、大好評を博す。
第3弾、「SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP'N ROCK & MELLOW~」は2017年8月に東京で2日間公演。
SING LIKE TALKING デビュー 30 周年に向け、ますます精力的な活動を行っている。。

 

2018/6/8(金)
今陽子 JAZZ LIVE

  • 1 STAGE ⇒OPEN 17:00 / START 18:00~19:00
  • 2 STAGE ⇒OPEN 20:00 / START 21:00~22:00
    2STAGE 入替制
  • チケット:前売:¥4,000 / 当日:¥5,000
  • チケット受付:3月13日10時よりローソンチケット販売にて発売
    Lコード ⇒ 54307
  • フロントでも販売していきます。
  • お問い合せ:ジャズバー・Cento Tel. 0742-30-2100

  • 注意事項
    ※全自由席となりますが、一度お席を決められてからの途中変更はご遠慮願います。
    ※整理番号はありません。座席は先着順です。

  • ホテルフロントでのチケット販売の注意事項
    ・受付日より10日以内にホテル3階フロントにてご購入ください。
    ・郵送をご希望される場合は別途お申し出ください。
    ※郵送の場合、手数料として400円がかかります。
    ※振込手数料はご負担いただいております。
    ※5月25日以降はキャンセル不可といたします。

  • チラシに関する訂正とお詫び
    現在配布中のピアッツァホテルB4チラシにおきまして、以下の箇所に誤りがありました。
    今陽子2STAGE開演時刻が 22:00 と記載されとおりますが正しくは21:00の誤りでした。
    ご予約の皆様並びに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

    お問い合せ:ジャズバー・Cento Tel. 0742-30-2100

 

 

今陽子プ ロフィール
幼少よりジャズ・ポップスを好み、作曲家いずみたく氏に師事し、15歳でソロデビュー。
16歳でピンキー&キラーズを結成すると、デビュー曲「恋の季節」がダブルミリオンを記録し、17週連続でオリコン1位となり、数々の音楽賞を受賞。
解散後、1981年に単身渡米し、ニューヨークで歌・ミュージカルを勉強する。
帰国後は、ミュージカル、舞台、ライブ、テレビなど多岐に渡って現在も活躍中。

2018/7/13(金)
サーカス40周年ツアー
~POP STEP 40~ Histoire et Futur

  • メンバー
    叶正子(デビュー以来の歌姫) / 叶 高(リーダー、叶正子の弟) / 叶ありさ(新メンバー、叶高の娘) / 吉
    村勇一(新メンバー、オーディションで抜擢)
    CIRCUS HP: サーカス40周年ツアー ~POP STEP 40~
  • 1 STAGE ⇒OPEN 17:00 / START 18:00~19:00
  • 2 STAGE ⇒OPEN 20:00 / START 21:00~22:00
    2STAGE 入替制
  • チケット:前売:¥6,000 / 当日:¥7,000
  • 発売開始:4月9日(月)10時~
    ローソンチケット、ホテル3階フロントにて同時発売
  • お問い合せ:ジャズバー・Cento Tel. 0742-30-2100

  • 注意事項
    ※全自由席となりますが、一度お席を決められてからの途中変更はご遠慮願います。
    ※整理番号はありません。座席は先着順です。

  • ホテルフロントでのチケット販売の注意事項
    ・受付日より10日以内にホテル3階フロントにてご購入ください。
    ・郵送をご希望される場合は別途お申し出ください。
    ※郵送の場合、手数料として400円がかかります。
    ※振込手数料はご負担いただいております。
    ※6月28日以降はキャンセル不可といたします。
  • Lコード:54329
    (全国のローソン・ミニストップの店頭設置「Loppi」にてLコードを入力してご購入ください)
  • 整理番号はありません。座席は着席順です。

 

《サーカスプロフィール》
1978年『ミスタ-・サマータイム』、1979年『アメリカン・フィーリング』が大ヒット。男女二人ずつ、しかも3人姉弟+従姉というユニークなヴォーカルグループとして、音楽界に颯爽とデビュー。

その後メンバーチェンジを経て現在のメンバーとなる。 洗練されたそのハーモニーは各方面より高い評価をもって迎えられ、レコード大賞編曲賞などを受賞。

NHK紅白歌合戦などをはじめ多くの音楽番組にも出演。

そのハーモニーはCM等でも一聴してサーカスと認識される程に浸透することとなり、コーラスグループのパイオニアとして日本のミュージックシーンに新たな風を吹き込んだ。

 

2018/7/28(土)
→Pia-no-jaC← 「Go West Tour 2018」

  • OPEN ⇒ 18:30
    START ⇒19:30
  • チケット: 前売:¥5,500 / 当日:¥6,000 (1ドリンクオーダー別、全席自由 ※席がなくなり次第立ち見)

  • 2018年4月20日(金)12:00よりファンクラブ(FC)先行発売
    詳細はこちら→ http://pia-no-jac.net/index.html
    オフィシャル動画:
    「台風」 https://www.youtube.com/watch?v=yWCE_hUj7h4
    「残月」 https://www.youtube.com/watch?v=uIf7PQjtzOU

  • チケット一般販売: 2018年5月2日(水)12時~ 下記3か所にてチケット販売開始
    ■CNプレイガイド
    ■ローソンチケット
    ■店頭受付: TEL 0742-30-2100
  • Lコード:56961
    (全国のローソン・ミニストップの店頭設置「Loppi」にてLコードを入力してご購入ください)

  • お問い合せ:ジャズバー・Cento Tel. 0742-30-2100

 

《→Pia-no-jaC← (ピアノジャック)プロフィール》
2005年4月結成。HAYATO(ピアノ)、HIRO(カホン)。ディズニー、SQUARE ENIX、KONAMIなど多数のコラボレーションを発表。

葉加瀬太郎とのアルバム「BATTLE NOTES」が「日本ゴールドディスク大賞2013」のクラシックアルバム部門で大賞受賞。

HAYATOの 「3D-PIANO」、HIROの変幻自在のカホンが織りなすパフォーマンスはオーケストラ並みの迫力で国内外から熱い支持を受けており、ライブ会場には子供から大人まで幅広い層が足を運んでいる。

2018/8/25(土)
宇崎竜童 チェント一周年スペシャルライブ

  • チケット情報等の詳細は後日公開

 

《宇崎竜童プロフィール》
シンガー
京都府出身
1970年代中期から80年代初めにかけて「ダウンタウンブギウギバンド」のボーカリストとして活躍「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒットしスターとなる。
80年代中期から90年代初めにかけて「竜童組」、90年代中期・後期に「宇崎竜童&RUコネクション」を率い、バンド活動の合間にソロとして活動する。
妻は作詞家の阿木燿子で、「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビは山口百恵の全盛期を支えた。

2018/8/31(金)
Initial「S」 チェントライブ

  • Initial「S」(イニシャルS)
    Shiho(Vo.)、SHANTI(Vo.)、柴田敏孝 (Pf./Key)

  • チケット情報等の詳細は後日公開

 

《Shiho (ex. Fried Pride)プロフィール》
ジャズボーカリスト。

2001年に日本人として初の米国のコンコードよりFried PrideのボーカリストとしてCDデビュー。
類いまれない歌唱力を武器に2016年12月のFried Pride活動終了(解散)まで、ブルーノートやビルボードライブを中心に全国各地のライブハウスや東京ジャズなど多くのJazzイベントに出演、米国ブルーノート・ニューヨークなど海外でもライブ活動を積極的に行いライブハウスやイベンに多数出演している。
過去TV番組ナビゲーター(BSフジ)、ミュージカル「RENT」など舞台にも出演するなど多彩にその才能を発揮し、Fried Prideの活動を通じても、頭突きで瓦を割る女性(武田梨奈)で話題になったセゾンカードのCMソング、2016年秋にはルクセンブルクにてオーケストラとの共演、など、「ボーカリストShiho」としての知名度を上げた。
解散後はソロのJazzシンガーとしてライブ活動中心に現在も積極的に行っている中、新たなチャレンジとして武田真治(Sax)、TJO(DJ)とEDMユニットでも活動し「ULTRA JAPAN 2017」にも出演した。

《SHANTI プロフィール》

シンガー、作曲、作詞家。
幼い頃から様々な音楽に触れてきたSHANTIは、小学生の時、聖歌隊で賛美歌を歌い、ミュージカルも経験。
97年バークリー音楽院サマースクール留学帰国後、CMの作詞作曲、ナレーション、ライヴ活動等を開始。 十代からUNIQLOなどを含む多くのCMソングを経て(作詞・歌唱・ナレーション)菅野よう子との出会いにより、アニメーション映画「天空のエスカフローネ」の「SORA」や『攻殻機動隊』などでの歌唱を行う。
2010年6月コロムビアより『Born To Sing』でメジャー・デビュー。
配信アルバムがiTunesのジャズ・チャート1位を獲得するなど、発売直後から「SHANTI」の名とその類まれなるオーガニック・ボイスは、瞬く間に日本全国へ知れ渡る。
2014年11月に大人のためのララバイ・アルバム『SHANTI'S LULLABY』をリリースし、ハイレゾ配信e-onkyoにて配信チャート2週間連続1位を獲得、さらには過去のアルバムも含めて1〜6位を独占し、オーディオ誌で"ハイレゾ時代の歌姫"とうたわれた。
2017年2月に公開された小日向文世主演映画「サバイバルファミリー」の主題歌を担当した。

 

《柴田敏孝 プロフィール》

ピアノ、キーボード。
1983年11月2日 北海道岩内町生まれ。
3歳から電子オルガンを弾き始め、5歳でピアノに転向。
小学校高学年の頃から父親とその仲間によるセッションにも加わるようになり、ブルースやジャズを体感する。東京都内音楽大学付属高校に進学のため、単身上京し、在学中より演奏活動を開始。
自己のトリオで演奏している所をドラマーの村上"ポンタ"秀一に認められ、20歳で新メンバーで結成されたNEW PONTA BOXに参加し、アルバムリリース、ツアーを行う。
それと同時に彼の勧めでアーティスト名を「柴田敏弥」に変えて活動を開始した。
一方でジャズヴォーカリスト&フリューゲルホーン奏者のTOKUのレギュラーバンドや民謡歌手の伊藤多喜雄のバンドにも参加し活動の幅を広げる。
The Gospellersのメンバーである北山陽一のソロプロジェクトではバンドマスターを務める。
クラブミュージックシーンでは20歳の頃よりCalmのバンドで活動。
数枚のアルバムに参加し、現在もリリースツアーには毎年参加している。
NY在住ギタリスト西藤大信が毎年夏に行う全国ツアーでは、来日しているNYのミュージシャンに混じり演奏、好評を博している。
2010年夏、無期限の休業を宣言した大黒摩季の休業前のツアーに参加し、重要な役目を果たした。
さらに2010年12月にはジャズシンガーakikoの『The Best Release Tour』でバンドマスターを務める他、J-POPSのレコーディング、ライブサポート等、さまざまなジャンルやバンドで活動中。
2011年よりアーティスト名を本名の「柴田敏孝」に戻す事を決意し、現在に至る。

 

 

過去の主なライブ
2018/4/14 開催
ぼんちおさむのJAZZライブ!
2018/3/9 開催
KEIKO LEE DUO TOUR 2018
~名曲の数々をあなたのもとへ~
2018/2/17 開催
上田正樹 with アロージャズオーケストラ
2018/1/26 開催
渡辺真知子 with アロージャズオーケストラ
2017/12/23 開催
北村英治 Christmas Swing Jazz Night
2017/11/18 開催
桂南光と河田健のほのぼのジャズ倶楽部
2017/11/12 開催
東西学バン秋の陣 ~関西編~
2017/8/25 開催
阿川泰子&アロージャズオーケストラ

 

奈良のホテルはピアッツァホテル奈良

〒630-8122 奈良市三条本町11番20号 TEL.0742-30-2200

 

会社案内
お問い合せ
採用情報
個人情報の取り扱い
プレスリリース

サイト内検索

ホテルソーシャルネットワーク

ピアッツァホテル奈良のフェイスブックページピアッツァホテル奈良のツイッターピアッツァホテル奈良のインスタグラム

© 2017 Piazza Hotel. All Rights Reserved.